音楽制作に必要な「7つの機材」




音楽制作に必要な「7つの機材」

音楽制作を行うには様々な機材が必要です。
そこで、音楽制作に必要な機材を紹介します。

1. パソコン

パソコンは音楽制作に必要なソフトウェアを起動、操作する上で必要不可欠です。様々なソフトウェアを立ち上げるのでかなり高スペックのパソコンの方がいいです。

Mac or PC

MacかPCかは悩むとこであり、様々なウェブサイトで比較されていますが完全に自分の好みでいいと思います。しかし、下記のDAWというものの代表的なLogic Pro XはPCでは使えず、逆にFL StudioはMacでは使えないので注意が必要です。

デスクトップ or ラップトップ

ラップトップをお勧めします。Afrojackをはじめとする有名プロデューサーたちは移動中や宿泊先のホテルでも楽曲制作を行うため移動に便利なラップトップを使っています。しかし、ラップトップは画面が小さいので作業がしづらいので、スタジオ等で作業する際はモニターディスプレイを接続して使うことをお勧めします。

2. DAW

DAWは音楽を作る作業場のようなもので曲を編集したり再生したりします。DAWなしでは音楽制作はできません。

3. MIDIキーボード

音楽制作を直感的かつ効率的に進めるにはMIDIキーボードが必要不可欠です。普通のキーボードとは違いそのままでは音は鳴らず、パソコン(ソフトウェア)とつなぐことで初めて音がなります。ピアノが弾けない人でも絶対に持ってる方がいいです。



4. モニターヘッドフォン

作っている曲の確認やミックスと呼ばれる作業などで必要になってきます。モニターヘッドフォンは普通のヘッドフォンとは違い音楽制作のために作られたヘッドフォンです。

5. モニタースピーカー

モニターヘッドフォンと同じく、作っている曲の確認やミックスと呼ばれる作業などで必要になってきます。こちらも音楽制作のために作られたスピーカーです。

6. オーディオインターフェース

おそらく耳馴染みのない単語であると思いますが簡単に説明すると、モニターヘッドフォンやモニタースピーカー、マイクなどをパソコンと繋げるものです。

7. マイク

RELATED POSTS