【徹底解説】サブスクリプション型音楽制作・サンプル販売サービス「Splice」とは




【徹底解説】サブスクリプション型音楽制作・サンプル販売サービス「Splice」とは

Spliceは月額7.99ドル200万以上ものロイヤルティーフリーのサンプル、ループ、プリセットの中から自分の好きなものだけを入手できるサービスです。CommunityやPluginsと呼ばれるサービスも行われており、現在150万人以上ものユーザーが利用しています。

最近の音楽シーン、特にEDM、Hip-Hopシーンでは利用していない人がいないほど人気のサービスで、LoopmastersやSample Magicなどが実際に販売しているサンプルやSpliceだけでしか手に入れられない限定サンプルが多数取り揃えてあります。
以下で詳しく説明していきます。



Sounds

Soundsには200万以上ものロイヤルティーフリーのサンプル、ループ、プリセットがあり、随時トップページに最新のサンプルが追加されていきます。サイドバーには人気のサンプルパックが常に表示されるためトレンドの音を知ることができます。

魅力的ポイント1

通常、サンプルを入手するには約2000円以上もするサンプルパックを購入しなければなりません。しかも、サンプルパックには自分に不要なサンプルが含まれていることもあります。
しかし、Spliceでは自分の欲しいサンプルだけを1つ単位で入手できます。

魅力的ポイント2

ジャンルやキー、BPMなどが記載されているため自分好みのサンプルを見つけることができます。

魅力的ポイント3

世界的DJのKSHMR、Justin Bieberのヒット曲“What Do You Mean”のプロデューサーらが手がけたサンプル、LoopmastersやSample Magicなどが実際に販売しているサンプル、Spliceだけでしか手に入れられない限定サンプルなどハイクオリティーのサンプルが多数取り揃えてあります。

料金プラン(月額)

●7.99ドル   – 100サンプル ← オススメ
●13.99ドル – 300サンプル
●21.99ドル – 600サンプル
●29.99ドル – 1000サンプル

Community

Communityでは楽曲、ステム、ワークフローのシェアフィードバックの交換リミックスコンテストが行われています。
注目すべき点はステム(ワークフロー)のシェアです。第一線で活躍しているプロデューサーがステムだけでなくプロジェクトファイル自体をシェアしていることがあるため、プロジェクトファイルを自分のDAWで開いてどのような音を使っていて、どのようにミキシング、マスタリングしているかを実際に見ることができます。

Thomas Gold – On Fireの実際のプロジェクト

DAWに互換性がない場合でもSplice上でワンポイントアドバイスと共に楽曲の中身を見ることができます。



Plugins

PluginsではプラグインやDAWの販売が行われています。人気ランキングやレビューも載っているため購入しようか悩んでいる時にチェックしてみるのをオススメします。
さらに、RENT-TO-OWNと呼ばれる各種プラグインの分割払いを行えるサービスも行なっています(一部対象外)。

まとめ

Spliceは今まで2000円以上も出して購入していたサンプルパックをたった月額7.99ドルで自分の好きなものだけを入手できる画期的なサービスです。第一線で活躍しているアーティストも多数利用しているので1ヶ月だけでも利用してみる事をオススメします。

https://splice.com/

RELATED POSTS