正しいオーディオファイルへの書き出し(バウンス)の設定方法|Logic Pro X




正しいオーディオファイルへの書き出し(バウンス)の設定方法|Logic Pro X

制作した楽曲をリリースしたり、レーベルに送ったりするには「書き出し(バウンス)」というWAVファイルやMP3ファイルに変換する作業が必要になります。
プロの意見を参考に正しいオーディオファイルへの書き出し(バウンス)方法を紹介します。

テール(曲の長さ)の範囲指定

あらかじめテール(曲の長さ)を決めておく必要があります。(画像:オレンジ色の部分)
リバーブ等のエフェクトの影響で実際よりもテールが長くなるので余分に範囲を設定しておく必要があります。
※後述あり

ウィンドウの表示方法

書き出し(バウンス)をするためには専用のウィンドウを表示させる必要があります。

ファイル > バウンス > プロジェクトまたは選択範囲…
または、
Stereo Out(Output 1-2)「Bnce」
または、
⌘(コマンド)B

でウィンドウが表示されます。

各設定方法

用途

WAVファイルまたはAIFFファイルに変換するにはPCMを指定してください。

モード

■リアルタイム:楽曲を実際に再生しリアルタイムで楽曲の書き出しを行います。
※曲を実際に再生するため時間がかかります。
※プロジェクトファイルが重い場合、システムの過負荷でバウンスに失敗します。

■オフライン:オフラインで高速に楽曲の書き出しを行います。
※オートメーションやMIDIファイルにエラーが発生し、正しく書き出しされないことがあります。

多少時間がかかりますがリアルタイムでの書き出しをオススメします。(プロのほとんどがリアルタイムで書き出しを行っています。)

■2番目のサイクルパスをバウンス通常の書き出しをする場合は無視して構いません。

■オーディオテールを含める:上記の「テール(曲の長さ)の範囲指定」では手動でテールを設定しましたがここでは自動でテールが設定されます。

マスタリングに使用するプラグインやテスト・オシレータ・プラグインなど、プラグインによっては信号にノイズが混じることがあります。これらのプラグインを使用している場合は、生成されるバウンスファイルが非常に長くなるので、「オーディオテールを含める」を選択しないでください。(Logic Pro X公式サポート

ノイズの問題が懸念される場合は選択しないをオススメします。



ノーマライズ 

■オフ:ノーマライズをしない
■オーバーロード保護のみ:ピークに達した場合を音量を下げる
■オン:ピークの直前まで音量を上げる

ノーマライズには様々な意見があるので海外のEDMやポップのプロデューサーの意見を見ましたが、ほとんどの人がオフに設定していました。

ファイルフォーマット

楽曲のリリースやレーベルへデモの提出をする場合はWaveを選択してください。

分解能 / サンプルレート

基本的には24ビット / 44100です。

ファイルタイプ / ディザリング

ファイルタイプはインターリーブ
ディザリングはなし

RELATED POSTS