Spotify/Apple MusicのPre-Save/Pre-Add(プリセーブ/プリアド)機能とは?メリット・作り方




Spotify/Apple MusicのPre-Save/Pre-Add(プリセーブ/プリアド)機能とは?メリット・作り方

Pre-Save(プリセーブ)、Pre-Add(プリアド)は、配信前のアルバムやシングルを事前に予約できる機能です。前もってPre-Save/Pre-Addをしておくと、配信が開始したら自身のライブラリやプレイリストに自動で追加されます。
Spotifyなどの公式サービスではなくサードパーティーのサービスとなります。
現在のところSpotify、Apple Music、Deezer、TIDALで利用できます。

Pre-Save/Pre-Addのメリットとは?

Pre-Save/Pre-Addのメリット(目的)は、アクセスの簡素化ではなく「エンゲージメントの最大化」にあります。
Pre-Save/Pre-Addをしてくれたリスナーが多ければ多いほどリリース初日に大量の「お気に入り」や「プレイリストへの追加」、「ストリーミング」がされます。こうしたプラスの行動がアルゴリズムで検知され優位に働くと言われています。
さらに、プラスの行動=盛り上がりを見せている曲は公式キュレーターにキャッチされ公式プレイリストにピックアップしてもらえる可能性が高くなると思います。

また、Pre-Save/Pre-Addはアルバムやシングルの事前予約だけでなくアーティストの「フォロー」も行えます。「フォロー」も上記同様プラスの行動としてアルゴリズムで検知され優位に働くと言われています。
Spotifyでは、Release Radarなどのパーソナライズドプレイリストに積極的に追加されるようになります。

Pre-Save/Pre-Addの作れるサイト

Pre-Save/Pre-Addは下記のサイトで作成できます。
※基本的に作成時に曲のUPCまたはURLが必要となります。

1. Linkfire2. Toneden3. Feature.fm4. Presave.io5. smartURL6. B.O.M



Pre-Save/Pre-Addを使用したキャンペーン

Pre-Save/Pre-Addは目新しい機能であまり浸透していないのと、配信サイトへの登録やログインをしなくてはいけないため、アーティスト・レーベルが期待する数よりも少ない傾向にあります。
これを改善し、より多くのリスナーにPre-Save/Pre-Addをしてもらうには「キャンペーン」を行う必要があります。
「キャンペーン」とは、一言で言うとTwitterでよく見かける「フォロー&リツイート キャンペーン」のようなものです。それをPre-Save/Pre-Addに置き換えて行うものが「Pre-Save/Pre-Add キャンペーン」です。

「Pre-Save/Pre-Addの完了画面のスクショをSNSでシェアしてくれた人の中から抽選でオンラインリリースイベントに無料招待!」
というようなキャンペーンが行えると思います。

そして、多くのサービスではPre-Save/Pre-Addが完了するとシークレットページに飛べるような機能が付いているためPre-Save/Pre-Addをしてくれた人限定コンテンツへのアクセスを簡単に設定できます。
これをうまく活用すると、
「Pre-Save/Pre-Addをしてくれた人全員にメッセージ動画をプレゼント!」
「Pre-Save/Pre-Addをしてくれた人全員にオフィシャルストアで使えるクーポンをプレゼント!」
というようなキャンペーンも行えると思います。

Pre-Save/Pre-Add自体はそこまでリスナーにとって有益な機能ではないと思いますが、こうしたキャンペーンを絡ませることでリスナーに楽しみを提供し、アーティスト・レーベルにとってはリスナーとコミュニケーションをとりつつエンゲージメントを高めることに役立ちます。

Category