Spotify Canvasとは 使い方・登録方法




Spotify Canvasとは 使い方・登録方法

Canvasはアートワーク(ジャケ写)の代わりに3秒〜8秒の動画のループを流すことのできる機能です。
リスナーの方は 設定 > 再生 > Canvas で設定できます。
Canvasはブランディングツールであるだけでなく大きなメリットがあります。クオリティーの高いCanvasはベータ版で以下のことが実証されたようです。

– トラックのシェア:平均145%増加(対照群と比較して)
– ユーザーのプレイリストへの追加:20%増加
– ストリーム:5%増加
– お気に入り:1.4%増加
– プロフィールページへの訪問:9%増加

CanvasはSpotifyのアプリ上だけでなくInstagramストーリーズにシェアした際にも表示されます。通常よりも視覚的なアプローチができるためフォロワーからの注目を集めることにも役立ちます。さらに、上記の通りリスナー(ファン)も通常よりもシェアをして楽曲を広めてくれる傾向にあります。
こうしたリスナー(ファン)の行動がストリームやお気に入り等の増加に影響を与えています。



ウェイティングリストへの登録方法

現在Canvasは、一部のアーティストのみが利用できます。(2020年11月19日より利用できるユーザー数が拡大しました。)
まだCanvasが利用できず、ベータ版への参加に興味がある方はこちらよりウェイティングリストに登録できるようです。
ウェイティングリストへの登録が完了し、CanvasへのアクセスができるようになるとSpotify for Artistsより下記のようなメールが届きます。

Canvasの使い方

Spotify for ArtitstsのMusicタブよりCanvasを使用したい楽曲を選択すると右上に「ADD CANVAS」が表示されるので、クリックし「+」部分に動画をアップロードするとCanvasを設定できます。(アプリからもできます。)

仕様
比率:9:16
サイズ: 720px以上
長さ:3秒〜8秒
ファイルフォーマット:MP4またはJPG
その他の詳細は下記よりご確認ください。
Canvasを最大限に活用するための10のヒント
コンテンツポリーについて

RELATED POSTS