KSHMRがマスタークラスで語った「6つの重要なこと」




KSHMRがマスタークラスで語った「6つの重要なこと」

先月、オランダ・アムステルダムで行われたダンスミュージックイベント『ADE』で、KSHMRがプロデューサーに向けてプレゼンテーションと自身のヒット曲“Power”の作り方を説明するマスタークラスを行いました。
プレゼンテーションではアーティストとしてのキャリアやプロダクションにおけるヒントを披露しました。全て重要なことですが特に重要だと思う項目をまとめたの参考にしてみてください。



  • できるだけ早くオリジナルのボーカルのある曲を作る
  • ソングライターやボーカリストにコンタクトを取る
    彼らもプロデューサーを必要としています。
    ボーカリストの見つけ方
  • プロデュースを初めたばかりの頃は模倣はOK
  • 完璧な音にこだわらない
  • シンプルに
    レイヤーしすぎると音がゴチャゴチャになります。周波数のかぶりを減らすとあなたのサウンドは特別なものになります。
  • 頭を整理する
    曲作りが終盤になるとトラックの数が多くなり画面だけでなく頭もゴチャゴチャになり創造力が欠落してしまいます。「ブレイク」、「ビルドアップ」、「ドロップ」のようにプロジェクトを分けることで新鮮な気持ちで制作を行えるようになります。

RELATED POSTS