ナチュラルなピアノの打ち込み方法




実際にMIDIキーボードを弾いたり、直接ピアノロールに打ち込んだりするときクオンタイズをしノートの先端を揃えたり、ノートの長さを均一にすると思いますが実際にピアノを演奏する場合はもちろんクオンタイズはできないため多少のズレがあります。そのズレは悪いことではなく、むしろ自然なことです。そのズレをピアノロール内にわざと起こすことで音楽を聴く人に実際に演奏しているかのように思わせることができます。

1. ノートの先端と末端を前後にズラす

2. ベロシティを不揃いにする

ピアノ以外にもギターやストリングスなどのリアルな楽器に適用すると実際に演奏しているようなサウンドを作り上げることができます。

RELATED POSTS