人気が止まらない次世代のニュー・スター “Sabrina Carpenter”




Sabrina Carpenterさん(@sabrinacarpenter)がシェアした投稿

1999年5月11日生まれのアメリカのシンガーソングライター・女優。2011年、NBCのドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』に出演し女優デビューを果たし、3年後の2014年、セレーナゴメスやマイリーサイラスをはじめとする多くのスターを輩出しているディズニーチャンネルのドラマ『Girl Meets World』にて主人公の親友役に抜擢される。同年ファーストシングル“Can’t Blame a Girl for Trying”をリリースし、本格的に歌手活動をスタートさせる。2015年アルバム“Eyes Wide Open”をリリースしBillboard200で最高43位、翌年リリースされたアルバム“Evolution”では最高28位と着々とスターへの階段を登り始め、Lost KingsやMike Perry、Jonas BlueらEDMプロデューサーとのコラボでさらに名を世界に馳せるようになった。先日、今年冬リリース予定のサードアルバム“Singular”からリードシングル“Almost Love”がリリースされた。

Jonas Blueとのコラボ秘話

今年リリースされたJonas Blueとのコラボ曲“Alien”は彼女が「あなたの曲を何百万回も聞いています。」とJonas宛てにツイートしたところ「一緒に仕事をしませんか?今週末LAにいるので曲を作りましょう」DMを送り返してくれたことがきっかけで誕生した。当時JonasはSabrinaのことを知らなかったそうで純粋に彼女の魅力的な歌声に惹かれそのようなメッセージを送ったそうだ。

Sabrina Carpenterのオススメ楽曲

01. First Love

02. Don’t Want It Back

03. Why

04. Eyes Wide Open

RELATED POSTS