Poo Bearって誰?




Poo Bearって誰?

Poo Bear本名Jason Boydはアメリカのソングライター、プロデューサー、ヴォーカリストで、Skrillexの“Would You Ever”にフィーチャーされておりこの曲で彼を知った人が多いのではないでしょうか?Poo Bearは2004年に発売されたUserの“Confessions”に収録され、さらにBillboard Hot 100で最高8位になった“Caught Up”という曲に共同ライターとして参加し頭角を現しました。最近では、2015年にグラミー賞のベストダンスレコーディングを受賞したJack Uの“Where Are U Now”に参加したり、David Guettaの“2U”やMartin Garrixの“So Far Away”、Alessoの“Is That For Me”など大物プロデューサーたちの曲に参加しています。そんなPoo Bearがこれまで制作に携わった曲を紹介します。



01.
Justin Bieber – Company

他にもJustin Biberのほとんどの曲(計23曲)に共同ライター、共同プロデューサーとして参加

02.
Sam Smith – Burning

03.
Chris Brown – Little More(Royalty)

04.
Fifth Harmony – Angel

05.
Trey – Songz – What Are We Here For

RELATED POSTS