Aviciiの新曲「SOS」がリリース|共同制作者が裏話について語る




Aviciiの新曲「SOS」がリリース|共同制作者が裏話について語る

2018年4月20日に逝去したAviciiが生前に制作していた新曲「SOS」がリリースされました。

この新曲は6月10日に発売予定のアルバム「Tim」のリードシングルとしてAviciiの死後、初めてリリースされた曲になります。ボーカルにはAvicii史上最大のヒット曲「Wake Me Up」でボーカルを担当したAloe Blaccが担当しています。




新曲と同時にYouTubeで公開された「The Story Behind “SOS”」の中で共同制作者のAlbin NedlerとKristoffer Fogelmarkは「Aviciiが実際に演奏したMIDI情報が残っているのは奇跡だ。我々が耳するものは全て彼さ。」と語りました。
ボーカルのAloe Blaccは「『SOS』の歌詞はおそらくその時のこと予言して書いてると思うんだ。この歌詞は明らかにその時の苦悩を表している。」と語りました。

RELATED POSTS