Diploが新名義でカントリーミュージックに本格進出




Diploが新名義でカントリーミュージックに本格進出

Major Lazer、Jack U、Silk City、LSDなど複数の名義を使いこなし数々のヒット曲を生み出してきたDiploが、本名であるThomas Wesleyを使った新たなプロジェクトをスタートさせた。




新たなプロジェクトは今までのEDMとは異なったダウンテンポなカントリーミュージックとなっており、第一弾のコラボ相手にはグラミー賞にもノミネートされたことのあるカントリーシンガーCamを指名した。
さらに、DiploはVarietyのインタビューでZac Brown、Thomas Rhett、Sam Huntら大物カントリーシンガーと既にレコーディング済み、またはコラボの話を持ちかけていると語っており、カントリーミュージック業界に本格進出する動きが見られる。

RELATED POSTS