【2019】EDMジャンルリスト|「Progressive House」、「Future Bounce」、「Future Bass」とは




【2019】EDMジャンルリスト|「Progressive House」、「Future Bounce」、「Future Bass」とは

2010年代前半に生まれた「EDM」という言葉は「Electronic Dance Music」の略で明確なジャンルを指すものではなく、これから紹介する「Big Room House」、「Bass House」、「Dubstep」などのジャンルを包括した言葉です。
そんな「EDM」という大きな傘に含まれる主要ジャンルをいくつか紹介します。

Big Room House

EDMという言葉を世に広めた存在で、EDM = Big Room Houseと認識している人も少なくないはずです。名前の通り、大箱やフェスで映えるような派手なサウンドが特徴です。

代表的なプロデューサー:
Dimitri Vegas & Like Mike, KSHMR, Hardwell, W&W, Showtek

Dimitri Vegas & Like Mike vs Ummet Ozcan – The Hum

R3HAB & KSHMR – Karate

Maddix Ft. Kris Kiss – Shuttin It Down

Progressive House

Big Room Houseと混同しがちですが、Big Room Houseに比べメロディックでキレイめ・美メロなサウンドが特徴です。

代表的なプロデューサー:
Alesso, Nicky Romero, Swedish House Mafia, Martin Garrix, Dubvision

Calvin Harris & Alesso Ft. Hurts – Under Control

Avicii vs Nicky Romero – I Could Be The One

Rooverb, Alan Crown & Alicia Madison – Insanity (Suyano Remix)



Future House

初期のOliver Heldensのようなブラス系やメタリックなベースを基調としたものや、クラッシックなHexagonスタイルのメタリックなリードが特徴的なジャンルです。

代表的なプロデューサー:
Don Diablo, Oliver Heldens, Madison Mars, Sagan, Tujamo

Tiësto, Oliver Heldens – The Right Song (official video) ft. Natalie La Rose

MOTi Feat. Katt Niall – Livin’ 4 Ya

Culture Code – Crazy Love

Future Bounce

Future Houseから派生した新たなジャンルで、Big Room Houseで使われるようなリードとバウンシーなベースが特徴です。

代表的なプロデューサー:
Mike Williams, Brooks, Dastic, Dirty Palm, Mesto

Martin Garrix & Brooks – Byte

Mike Williams – Give It Up

Mesto – Missing You

Bass House

Wobble Bassや歪ませたベースが特徴で、Dubstep等で使われるサウンドを4つ打ちに落とし込んだジャンルです。

代表的なプロデューサー:
Jauz, JOYRYDE, Ghastly, BROHUG, Ephwurd

Jauz – Feel The Volume

Ephwurd Ft.Jvst Say Yes – Phunky Beats

Moksi – In Your Eyes

RELATED POSTS